周防 国  国指定 重要文化財(建造物) 防府市国分寺町

国分寺は、聖武天皇の国家の災除景禍を祈る勅願により国ごとに設置
された官寺で、当寺は、周防の国の国分寺に当たります。
現在の金堂は、毛利重就(もうりしげたか・萩藩七代藩主)を施主として
建立され、桁行七間(約22m)梁間四間(約15m)で屋根を二重とした大き
な仏像です。
寺地、外観、平面形式、内部空間、須弥檀などに古式以来のの由緒を
よく伝える一方、唐破風造(からはふうつくり)の向拝等に近世らしい特色
も見られ、大規模な金堂が残ること全国の国分寺の中でも珍しく貴重な
遺構であります。
堂内には、本尊の木造薬師如来像ほか数多くの重要文化財をはじめと
する仏像が安置されています。
平成9年から平成16年までの8年間、保存修理事業として全解体修理を
行いました。
この工事による発見や古文書により、現在の金堂は、1779年(安永8年)
に建立されたと考えられていましたが、1775年(安永4年)に着手し、
1779年(安永8年)に上棟、1788年(天明8年)ごろ完成したものと思われます。

                               防府市教育委員会
 
周防の国分寺楼門
県指定 有形文化財(建造物)この門は、三間一戸、潜り戸付きで、屋根は、
入母屋造り、本瓦葺の楼門で、棟高は十二m程である。
上層の縁、高欄、組物、二軒扇垂木、花頭窓など、禅宗様式を取り入れて、
全体に美しい構造である。
門の左右には、室町時代の製作とされる一対の阿吽形の金剛力士(仁王)像
(像高350cm)を安置する仁王門である。
かっての門は、1417年(応永24年)に焼失した1596年(文禄5年)に毛利輝元公
が再建し、1767年(明和4年)毛利重就公が大改修をし、近くは1956年(昭和31年)
に解体修理を行なっている。
このように、建立年代は古いとは言えないが、創建当時の境内地にあり、
大寺院の山門にふさわしい規模と構成を備えた建造物である。
                     
                            防府市教育委員

山頭火   明治15年(1882)-昭和15年(1940)

種田山頭火《たねださんとうか》(1882~1940)山口県防府市に生まれる。
本名正一。「山頭火」の号は,教師の萩原「井泉水」にならって運勢判断の「納音」
(なっちん)によったものである。
妻子を捨て,世間を捨て,行乞の人生を送り,自然と一体になり,自己にいつわらず,
自由に一筋の道を詠いつづけた彼は,生涯約八万四千句を詠みすてた。
放浪の俳人種田山頭火は、昭和14年10月松山にやって来た。
松山の生んだ俳人野村朱燐洞を思慕し、彼の墓参りを終えた彼はその足で四国遍
路に旅立った。12月念願の四国遍路を果たした彼は、高橋一洵が見つけた御幸
寺山麓、御幸寺境内の空家に 落ち着く山頭火〔1882~1940〕について 漂泊の生
涯と独特な自由律俳句(五音・七音の音数形式や一七字の形式、季語にとらわれな
いで由に読んだ俳句)によって知られる俳人。本名正一。
1882(明治15)年12月3日、山口県に生れる。早稲田大学文学科中退後、
1913(大正12)年より自由律俳句の荻原井泉水に師事、《層雲》で活躍した。

その後生家の破産や父弟の死にあい、1925(大正14)年に熊本報恩寺にて得度
翌年より西日本を中心に生涯にわたる行乞流転の旅に出る。1939(昭和14)年9月
末日に四国遍路の旅に出、同年12月、松山市城北の御幸寺境内の納屋を改造、
一草庵”と名付けて住み始める。
1940(昭和15)年、四国松山の一草庵にて10月10日に句会を行い、その翌朝脳溢
血で死亡。享年58歳 句集に《草木塔》、紀行文集に《愚を守る》などがある。

                                  防府市教育委員会

                 護 国 禅 寺

                  山頭火 生家

                      トップページへ