関門海峡
山口県下関市(本州)と福岡県北九州市門司区(九州)との間の海峡で、
東の周防灘と西の響灘結ぶ海峡です。
壇の浦と古城山(現北九州市門司区)の間は、海峡の最狭部で570m、
早鞆の瀬戸とよばれ、潮の干満により一日4度流れを変え、潮流は8
ノットにたっするといわれています。
響灘への出口には彦島が横たわており、大瀬戸とよばれる潮の流れの
速い海域を形成しています。
昔は穴戸海峡・馬関海峡・下之関海峡とも呼ばれていました。



関門大橋
1958(昭和33)年に開通した関門国道トンネルの交通量が増大したため 、
九州と本州を結ぶ第2ルートとして5年余の工期を要し、1973(昭和48年)
11月開通、全長1,068mの吊り橋で完成当時は東洋一の長大吊橋でした。
吊橋の主要部であるケーブルは、平行線ケーブルを使用、桁下高さは、
航行する船舶の大きさを考慮し61mの高さに設計されました。

中国自動車道と九州自動車道を結ぶ高速自動車道の橋で、6車線で
総事業費300億円の大プロジェクトでした。一日7万台の通行能力があり
ます。

火の山公園   山口県下関市みもすそ川町
瀬戸内海国立公園に含まれる標高268m火の山山頂にある公園。
かつてのろし場があったことからこの名が付きました。頂上の展望台
からは壇之浦古戦場跡をはじめ、関門海峡や関門橋、下関市街、玄界灘
や周防灘まで眺められ、対岸の北九州の山並み市街が一望でき、眺望は
抜群で、特に夜景は格別の美しさです。

ケーブルカーの下の駅近くにある、火の山公園は桜の名所としても知ら
れています。
今年はトルコから5万本(6種類)のチューリップが新しく植えられ華やか
で桜の満開と合わせて市民や観光客など大勢の人が訪れていました。

後方に関門大橋と関門海峡が望めます

桜とチューリップ・ビオラの花の色合いは見ごたえがあります

   6種類のトルコのチュ-リップ

     トルコのチュ-リップ

   手前の薄青の花はビオラです

  ビオラ・チューリップ・桜

                       トップページへ