角島大橋(つのしまおおはし)
山口県 下関市 豊北町 神田と同市豊北町 角島 間の海士ヶ瀬戸に架かる 橋 。
 

1993年(平成5年)9月6日に着工し、2000年(平成12年)11月3日に開通した。

総工費149億円。山口県道276号角島神田線の一部。かつて、角島へは渡船
による交通が主であったが、完成により陸路でつながった。
当初は(県道ではなく)豊北町道として建設された(過疎代行道路整備事業とし
て山口県が発注)こともあり、道路構造令の第三種第四級で設計が行われた。
このため、最高速度は40 km/hに制限されており、強風時には一般車両が通行
止めになる。
 

北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ、周囲の景観
に配慮した構造となっている。また、架橋ルートの選定にあたっては、本土と角島
中間に位置する鳩島に橋脚を建設する案も検討されたが、自然景観保護の
観点から島を迂回する現在のルートが採用された。
このような取り組みが評価され、2003年(平成15年)には「土木学会デザイン賞
2003」の優秀賞を受賞している。
 
完成後はその景観から山口県の新たな観光名所となっている。テレビCM、特に
自動車のCM(レクサス・GS450h、三菱・ギャランフォルティス、スズキ・スイフト、
日産・ノートなど)のロケ地として多く採用されている。

また、完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長であったが、
2005年に古宇利大橋(沖縄県・全長1,960m)、2006年に新北九州空港連絡橋
福岡県・全長2,100m)、2015年に伊良部大橋(沖縄県・全長3,540m)と、本橋
梁よりも長い通行料無料の離島架橋が建設されている。

          
   フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

     
トップページへ