瑠璃光寺五重塔(ごじゅうのとう)

瑠璃光寺五重塔瑠璃光寺境内にあり、香積寺の遺構である。
香積寺は大内義弘の菩提寺であるが、義弘の弟盛見がその菩提を弔うため
塔の建立を計画したといわれる。国宝。
大正5年(1916年)塔を解体修理した際、とうの裏に嘉吉2年(1442年)の墨書
があり、竣工はその頃とされる。和様・檜皮葺の建物であるが、ごく一部
に唐様の手法を使う。大内氏隆盛時の文化を示すものとしても知られる。
高さ31.2メートル、各層とも軒の出が深く、屋根の勾配はゆるい。
塔の身部は上層にゆくにつれて間をつめているので、塔の胴部が細くみえる。
これに対して初重は丈が高く、柱が太く、二重目には縁勾欄があって安定感
がつよい。初層内部の円形唐様須弥壇は独特で他に類例がない。
万治4年(1661年)藩主毛利綱広が大修理をしたことが、相輪の伏鉢に刻して
ある。


          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



   

                  毛利家の墓

鴬張りの石畳

                     トップページへ