秋の犬山城 2(いぬやまじょう)

愛知県犬山市にあった日本の城である。現在は天守のみが現存し、江戸時代までに
建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの
一つである(他は
姫路城松本城彦根城松江城

尾張国美濃国の境にあり、木曽川沿いの高さ約88メートルほどの丘に築かれた
平山城である。
別名の白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを
長江流域の丘上にある白帝
を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名
したと伝えられる。


前身となる砦を織田信長の叔父・織田信康が改修して築いた城であり、その後、豊臣
政権
の時に石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。江戸時代には尾張藩
付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。

現存する天守が建てられた年代については天文期説、期説などがあるが、現在
のような姿となったのは
成瀬正成が改修した1617元和3年)ごろである。2004
まで、城主であった成瀬氏が個人所有する文化財であったが、個人所有では維持に
非常に困難が伴うことから、成瀬一族の中から城主に選ばれた成瀬淳子(13代当主
成瀬正浩の妹)は
財団法人『犬山城白帝文庫』を設立して理事長に就任し、犬山城
は個人所有でなくなった。


                百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


          天守閣すらの犬山市の街を見る事が出来る

               天守閣からの木曽川

              犬山遊園の観覧車
 
               犬山にある成田山

ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ