ツツジ (躑躅)

ツツジ科植物であり、学術的にはツツジ属ツツジ属参照)の植物の総称である。
ただしドウダンツツジのようにツツジ属に属さないツツジ科の植物にもツツジと呼ばれ
るものがあるので注意が必要である。

主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっている。日本ではツツジ属の中
に含まれるツツジやサツキシャクナゲを分けて呼ぶ慣習があるが、学術的な分類
とは異なる。最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定される。

ツツジ属の植物は低木から高木で、常緑または落葉性互生、果実は蒴果
である。
4月から5月の春先にかけて
漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している)を数個、
枝先につける。また花を上手に採ると花片の下から蜜を吸うことができ
第二次世界大戦
中は当時の子供たちの数少ない甘みとなっていたが、多くの種に致死性になりうる毒成
分の
グラヤノトキシンが含まれ、特に多く含む
レンゲツツジは庭木として利用されることも
あるので事故を避けるために注意しなければならない。また
合弁花類である。

ツツジ属Rhododendron
大きくヒカゲツツジ亜属(有鱗片シャクナゲ亜属)とツツジ亜属、無鱗片シャクナゲ亜属、
セイシカ亜属、エゾツツジ亜属に分類されるが、便宜上常緑性のものの一部がシャクナゲ
と呼ばれている。すなわち、日本で「シャクナゲ」と呼ばれるものは
ホンシャクナゲの仲間
(無鱗片シャクナゲ節)に限られ、常緑であってもそれ以外の殆どは「シャクナゲ」とは呼
ばない。

ツツジは日本では古くから園芸品種として、交配され美しい品種がたくさん生まれた。
中でも
サタツツジヤマツツジミヤマキリシマなどをかけ合わせて生まれたクルメツツジ
はその代表で種類も多く色とりどりの花が咲き、満開の時期はまさに圧巻である。ヒラドツ
ツジ
も日本全国でよく見られる大型のツツジで、花も大きく街路樹としてもたくさん植栽さ
れていて、
ケラマツツジモチツツジキシツツジなどを親としている。 サツキマルバ
サツキ
およびその交配種は特にサツキと呼ばれているが、クルメツツジなどと同じく常緑
ツツジの仲間である。

西洋ではアジアからヨーロッパに常緑のツツジが持ち込まれて園芸化され、ベルジアン・
アザレア
と呼ばれ現在鉢花として大量に生産されている。トウヤマツツジを主に、ケラマ
ツツジ
サツキの品種などもその育種に用いられている。また日本のレンゲツツジや北
アメリカの落葉性の原種が園芸化されて
エクスバリー・アザレアあるいは匂いツツジなど
と呼ばれている。


              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ