豊川稲荷(とよかわいなり)

愛知県豊川市にある曹洞宗寺院正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。
詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)
と称する寺院である。
境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なため、
一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。豊川稲荷は
神社ではないものの、
商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っている。
また、日本三大稲荷の1つとされる。

北海道・東京都・神奈川県・大阪府・福岡県に、別院を持つほか、修行道場と
して
僧堂を設置している。豊川高等学校を運営。

妙厳寺の本尊は千手観音である。

豊川稲荷の「稲荷」とは、境内の鎮守として祀られる枳尼天(だきにてん)
のことである。
枳尼天は、インドの古代民間信仰に由来する
仏教の女神であるが、日本
では稲荷信仰と
習合し、稲荷神と同一視されるに至った。妙厳寺では
枳尼真天」(だきにしんてん)と呼称する。

              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本殿 「稲荷」と言っても神社ではなく、妙厳寺という寺である。
神仏混交の寺には限りなく神社っぽい造りの寺もあるが、豊川稲荷の場合は
そういうタイプではなく、混じりっけなしの寺、、およそ神社っぽいところを感じ
ない寺らしい寺という風情だ。


        本 殿

               御祈祷受付

ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ