稲荷信仰

前述のとおり、豊川稲荷は枳尼天を鎮守とする。

縁起によると、鎌倉時代の禅僧・寒巌義尹(妙厳寺では法王派の法祖として
尊崇)が入
し、文永4年(1267)、日本へ船で帰国の途上、枳尼天の
加護を受けたのがきっかけとなり、この
を護法神として尊崇するようになっ
たとされる。

             百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   渡り廊下

         豊川稲荷の境内で猿回しが演じられいた

             豊川稲荷の境内での露天
ハ                  
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ   トップペ-ジへ