日本に2つしかない、昆布館

ここにある理由は、俗に言う北前船もなく、西回り航路も開拓されていなかったころ、
北方からの海産物は、敦賀に水揚げされ琵琶湖を渡り。陸路京や大阪へ運ばれて
いたとのこと。ここ敦賀は上方への流通の要衝であったためと思われる。この昆布館、
観光バスの買い物ポイントにもなっているらしく、売り場面積とは比較にならないすご
く大きな駐車場を完備。


その昔、北海道を代表する特産品だった昆布を本州へと運んだ交易船(北前船)は
季節風や潮流が比較的安定していることから、当時日本の表玄関だった日本海を
航海していました。
北海道の松前から、まずは福井県の敦賀へ到着。
この敦賀が本州における昆布の中心地として栄え、その歴史は今でも受け継がれて

います。

                                混布館ホームページより

               

               トップペ-ジへ