千代保稲荷神社 門前町(ちよぼいなりじんじゃ)

岐阜県海津市平田町三郷1980にある稲荷神社である。京都の伏見稲荷
愛知の
豊川稲荷とともに、日本三大稲荷の一つともいわれることもある。
地元の岐阜県西濃地方など
中京地方ではお千代保稲荷(おちょぼいなり)
と呼ばれることが多く、通称「おちょぼさんとして親しまれている。

平安時代源八幡太郎義家の六男の義隆が分家する際、森の姓をもらい
うけ、義家より「先祖の御霊を千代に保て」と祖神と共に宝剣と義家の肖像
画を受け賜わったのが始まりと伝えられる。千代保稲荷神社の名も、この
言葉からきている。

後に室町時代文明年間(1469 - 1486)、子孫の森八海がこの地
に祖神を祀ったのが開祖となり、現在は19代目という。

祭神は大祖大神、稲荷大神、祖神。

商売繁盛、縁結び、合格祈願などにご利益がある。伏見稲荷豊川稲荷
と比べるとかなり小規模だが、年間250万人が参拝している。特に正月三
ヶ日や月末月始の月並祭、15日は大変混雑する。商売繁盛の神社という
特色上、同じ西濃地方の
南宮大社などに比べ、税理士などの専門職も含
自営業者の参拝が多い。

「先祖の御霊を千代に保て」という教えより、現在でも境内ではお札お守
等は一切出していない。ただし角柱形の御神籤箱によるおみくじは置か
れている。
お供えとしては、稲藁で結んだ油揚げ蝋燭が使用される。

門前町には約110店が軒を連ねる。縁起物を扱う店が多い。また、名物と
しては
草餅、川魚料理モロコ甘露煮鮒味噌など)、串カツ
土手煮
漬物等がある。

              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


                縁起物の店

            名物のナマズのかば焼きの店

        串カツ(一本90円)たれは一度浸けが決めごと

               地元の農産物の店

               漬物の店

                 お千代保稲荷神社
               
               トップペ-ジへ