関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)
安土桃山時代慶長59月15西暦160010月21)に、美濃国不破郡
関ヶ原(
岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における
決戦を中心に日本の全国各地で
戦闘が行われ、関ヶ原の合戦とも呼ばれる。
合戦当時は
南北朝時代の古戦場・「青野原」や「青野カ原」と書かれた文献もある。


        百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

主戦場となった関ヶ原古戦場跡は国指定の史跡となっている。
関ヶ原の戦いを引き起こした直接の導引は、朝鮮出兵をめぐる現地武将と、中央
の豊臣秀吉およびその意向に従って行動する石田三成ら奉行衆との対立であり、
慶長の役における蔚山篭城戦を機に顕著となる現地武将たちの戦線縮小撤兵
路線をめぐる軋轢と政権の内部分裂であった。


関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総
大将とし石田三成を中心とする西軍である
。東軍・西軍の諸将の多くは豊臣恩顧
の武将であり、この戦いの性格について家康は「豊臣家に仇為す者を成敗する」
という豊臣家の家臣同士の成敗合戦の建前をとり、また、豊臣家も表向きは静観
の立場を取った。しかし、この戦いは実質的に徳川家康の覇権を決定づけること
となった。
東西合わせて20万近い兵力が激突した戦国最大の戦だったにも関わらず、勝
敗は半日ほどで決着した。

    

            百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


     徳川家康  (百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

     石田三成  (百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

        笹尾山の麓   雨が強くて頂上には登れませんでした

     関ヶ原の古戦場は家が建てられず畑などになっている

ハ              
キキキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ