出石城(いずしじょう)は、兵庫県豊岡市出石町にあった出石城跡

山名氏の最盛期、但馬国守護となった山名時義が、出石神社の北側の此隅山に、
此隅山城(このすみやまじょう)を築いた。此隅山城は長らく山名氏の本拠であっ
たが、
1569(永禄12)の織田軍の羽柴秀吉による但馬遠征で落城した。

一旦山名祐豊は城を失ったが、今井宗久の仲介によって領地に復帰した。
1574(天正2)標高321mの有子山山頂に有子山城(ありこやまじょう)を築き、
本拠を移した。しかし、
毛利氏方についたため、1580(天正8)羽柴秀吉による
第二次但馬征伐で有子山城も落城、但馬国山名氏は滅亡した。

有子山城は、しばらく城代の時代が続いたが、1585(天正13)から前野長康
1595(文禄4)から小出吉政が城主を務めた。関ヶ原の戦いにおいて、小出氏
は家名存続のため、吉政が西軍、弟・秀家は東軍に分かれて戦ったが、秀家の
功績により、吉政の西軍への加担の責任は問われず、出石の領土は安堵された。

1604(慶長9)吉英により有子山城が廃され、有子山山麓に出石城が築城された。
平地に堀で囲まれた三の丸が築かれ、下郭、二の丸、本丸、稲荷丸が階段状に築
かれた。このとき
城下町も整備され、出石の町並みが形成された。
なお、
一国一城令により出石城が但馬国唯一の城郭となっている。

江戸時代は、出石藩の藩庁となり、小出英及1696(元禄9)3歳で死去すると
小出氏は無嗣
改易となった。代わって松平(藤井)忠周が入城。1706宝永3
忠周が転封となると、
仙石政明が入城し、廃藩置県まで仙石氏の居城となった。
江戸末期には
仙石騒動がおこっている。

明治時代になり、廃城令で出石城も取り壊されたが、辰鼓櫓、堀、石垣などが現存、
また隅櫓、登城門・登城橋などが復元され、
の周囲一帯は登城橋河川公園とし
て整備されて、観光地となっている。

1609(慶長14年)徳川家康は、松平康重(徳川家康庶子という有力説がある)
常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。
これは、
山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏
をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的であったとされる。

シシシ百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
撮影 松本 憲治様くくくくくく


        本丸西隅櫓

        大手門と登城橋

         本丸と西隅櫓

        狭間から見た城下

       本丸から見た城下

 辰鼓楼 
 大手門の一隅にあリ辰刻(午前8時)に藩士の登城を知らせた

         家老屋敷(江戸後期の上級武士の居宅)   

          家老屋敷の長屋門
 桂小五郎(後の木戸允)潜居(広江屋と言う荒物屋)跡に立つ紀念碑
        子供大名行列

 
キキトップペ−ジへ