北海道の旅 博物館網走監獄 2.(網走市)

北海道網走市呼人にある博物館。明治時代から網走刑務所で実際に使用されて
いた建物を
天都山に移築・修復して保存公開している野外博物館である。
明治29年築の獄舎は、
刑務所の施設としては現存する日本最古のもので、移築さ
れているとはいえ、明治時代そのままの数少ない大型建築物としても貴重な存在
である。


博物館 網走監獄は、明治時代から実際に網走刑務所で使用されてきた建物を
保存公開している歴史野外博物館です。
もっとも古い建物は、網走に刑務所がやってきて6年後、今から109年も前の建物
です。現在と違って木を製材するのも、機械を使わずに手作業で行ったころのこと、
太い梁や柱には、囚人達が削ったあとが荒く残っています。
当館の見学を通じて、不思議な歴史物語に触れてみませんか。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

網走湖がすぐ近くにあり、広大な敷地です。


        五翼放射状平屋舎房(五棟で226房が構成)

            平屋舎房の正面

            中央見張り室

        両側に舎房が並んでいる(独房など刑によって)

         教誨堂(監獄教誨が行われた建物)

          独立型独居房(懲罰房)

鏡橋(網走川の向こう岸に刑務所があり橋を渡らなくては出入りできない)
           網走湖がすぐ傍に

                  北海道の旅へ