ハハ北海道の旅  五稜郭 (北海道函館市)

江戸時代
末期に現在の北海道函館市に建造された城郭および当時日本で
建造された星形の城郭の通称。長野県佐久市龍岡城(未完成)も五稜郭
として知られるが、一般的に「五稜郭」といえば函館のそれを指す。

当時の正式名称は亀田役所土塁柳野城とも)。国の特別史跡に指定され、
「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。

日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化と役所の移転問題
を解決するために徳川家定の命により築造された。
設計を担当したのは洋式軍学者の武田斐三郎大砲による戦闘が一般化し
た後のヨーロッパにおける稜堡の築城様式を採用し、堡を星型に配置して
いる。総面積、74,990坪(約247,466m²)施工は土工事を松川弁之助、石垣
工事は井上喜三郎、奉行所の建築には中川源蔵が請け負った。

当初は外国の脅威に立ち向かうために築造が計画されたが、脅威が薄れて
いくとともに築造の目的が国家の威信になった。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


            周辺に外堀が昔のままに
    再現された橋   当時のままの石垣

      当日は天気が悪く五稜郭タワーが雲の中に


函館奉行所
 
 
明治4(1871)に解体された函館奉行所を建造当時の資料を基に復元、
大広間など再現ゾーンや函館の歴史を学べる歴史発見ゾーンなど
3つの3ッノエリアがある。


        大広間 (72畳の広さを4つの部屋に分けられて)
  函館 歴史資料(当時の組織図)      函館 歴史資料
       函館 歴史資料  入口の地中に埋めてあったツボ

           北海道の旅へ