北海道の旅 釧路湿原北海道釧路平野

日本最大の
湿原である。面積18.290ha。湿原の大部分はヨシ-スゲ湿原であるが、
ミズゴケ湿原も一部あり、食虫植物モウセンゴケコタヌキモが生育する。また、
タンチョウエゾセンニュウベニマシコなどの多くの鳥類の繁殖地・休息地となっ
ている。特にタンチョウの夏季繁殖地が湿原を含む道東各地に広がっているが、冬
には釧路湿原へ戻ってきて越冬する。また、日本最大の淡水魚である
イトウサケ科
キタサンショウウオなどの希少な動物も多く、貴重な自然の残る領域である。
釧路湿原の自然保護は、1935(昭和10年)8月27日に「釧路丹頂鶴繁殖地」として
2,700
haが国の天然記念物に指定されたことに始まる。
その後
1952(昭和27年)3に「釧路のタンチョウ及びその繁殖地」として特別天然
記念物に指定変更され、面積も2,749haに拡大された。
さらに
1967(昭和42年)6に「タンチョウ」を地域を定めない種指定の特別天然
記念物に指定変更するとともに、同年
7月6日に新たに「釧路湿原」を天然記念物の
「天然保護区域」に指定し、その範囲を5,011.4haとした。

また、1958(昭和33年)11月1日には、国指定釧路湿原鳥獣保護区(希少鳥獣
生息地)に指定されている(面積11,523
ha、うち特別保護地区6,962ha)。
1980ラムサール条約登録地に、1987に湿原周辺を含む約26,861ha
国立公園(釧路湿原国立公園)に指定されている。現在の釧路湿原一帯は「釧路
湿原国立公園」の特別地域に指定されており、開発は厳しく規制されている。

かつては湿原を農地化する試みも行われていたが、現在は湿原の開発よりも
保全に目が向けられており、湿原内では
国土交通省環境省等により「釧路
湿原自然再生プロジェクト」」による自然再生事業が行われている。

ソソソソソソソソソソソソソフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


「半夏生」(はんげしょう)又は
「半化粧」葉の半分ほど白くなることから。
夏至から数えて11日目頃の日を「半夏生」と呼ぶ(7月2日のことが多い)
花期に葉が白くなるのは、虫媒花であるために虫を誘う必要から この ように進化したのでは ないか、といわれている。

               北海道の旅へ