北海道の旅達古武オートキャンプ場(釧路平原)


釧路湿原展望、カヌー体験など道東を感じることのできる
オートキャンプ場です。
釧路市からも近く観光拠点として大いに利用できる場所です。

昔、海だった達古武湖は、湿原三湖のうち、一番南に位置します。周囲は5kmの小さな
海跡湖、湿原の沼の面影を、そのままに残す湖です。
遊歩道、木道では、湿原の動植物の観察ができ、時には、カワセミも見かけます。
達古武湖では、オジロワシ、アオサギ、トビなどが見られ、冬は、ワカサギ釣りが人気です。
達古武湖岸にあるオ−トキャンプ場、設備も行き届き、湿原探勝には絶好のポイントです。
湖畔をめぐる木道の散策や、サイクリング、夢ヶ丘展望台へのハイキング、湖でのカヌー
イングや動植物たちの楽園など湿原体験はここから始まります。



達古武湖

達古武オートキャンプ場

塘路湖(とうろこ)は北海道東部、標茶町にある淡水湖。釧路湿原国立公園に
含まれる。湖畔にはキャンプ場や
エコミュージアムセンター「あるこっと」・
標茶町の歴史を展示する「標茶町郷土館」等の施設が集中的に整備される。


            糖路湖


               北海道の旅へ