ハハ北海道の旅  小樽市 (後志地方北部)

「おたる」の地名は
アイヌ語の「オタ・オル・ナイ」(砂浜の中の川)に由来する。しかし
これは現在の小樽市中心部を指したものではなく、現在の小樽市と札幌市の境界を
流れる
星置川の下流、小樽内川(現在の札幌市南区にある小樽内川とは別)を示し
ていた。
河口に
松前藩によってオタルナイ場所が開かれたが、冬季に季節風をまともに受ける
地勢ゆえに不便な点が多かったため、風を避けられ、船の係留に適当な西方のクッタ
ルウシ
(イタドリが生えるところ)に移転した。しかしオタルナイ場所の呼称は引き続き用
いられ、クッタルウシと呼ばれていた現在の小樽市中心部が、オタルナイ(小樽内、尾樽
内、穂足内)
と地名を変えることになる。現在の小樽市域にはこの他、於古発(オコバチ)
川以西のタカシマ場所、塩谷以西のヲショロ場所も開かれていた。これら三場所は、後に
それぞれ
小樽郡高島郡忍路郡となっている。また、これら三場所と渡島国や道外の
間には
北前船の航路も開かれていた。

石狩湾に面し、古くから港湾都市として発展した。歴史的建造物が数多く、
日本有数の観光都市としても人気が高い。
後志管内では唯一の市であり最も多くの人口を抱えるが、
後志総合振興局
は内陸の倶知安町に置かれている。保健所政令市の一つ。かつて最盛期の
1960年代には人口は20万人前後をかぞえ、札幌市からJR快速列車で30
前後であることから、隣接する
札幌市ベッドタウンとしての役割も持つ。
しかし、人口は減少傾向にあり、現在では約13万人まで減少し、20104
1日に総務省から
過疎地域として指定された。

ハハハハハハハキキキフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



JR小樽駅

日本銀行旧小樽支店

小樽出抜小路

小樽運河

旧北海道銀行本店

石原裕次郎記念館

           北海道の旅へ