北海道の旅 知床半島クルージング


日本にある世界遺産登録物件。2005714日南アフリカ共和国 ダーバン
行われた第29
ユネスコ世界遺産委員会で20057月17正式に登録された。

北海道の東端にあるホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が登録の
対象となっている。半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた
地域である。冬には世界で最も南端に接岸する
流氷が訪れる。この流氷により大量
プランクトンが、サケなどの豊富な魚介類が生息する。サケは秋に知床の河川を
遡上し、
ヒグマオジロワシなどに捕食される。これらの動物の排泄物および死骸
は、植物の栄養素として陸地に還元される。このような、海と陸との
食物連鎖を見る
ことのできる貴重な自然環境が残る点が
国際自然保護連合IUCN)に評価され、
2005年に世界自然遺産の登録物件となった。

日本では、自然遺産として3件目の登録。また、海岸線から約3km沖まで登録地域
となり、日本で初めて海洋を含む自然遺産登録物件となった。


@@@@@@@ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ククククウトロ灯台 波で作られた洞窟

           男の涙(湯の華の滝)

ffffffffffffffffffffffffffffff象岩

            
           タンネポール

           カムイワッカの滝
奇 岩          サケ漁の時の漁師小屋ミミミ

           カシュニの滝

           観 音 岩 

             獅 子 岩

            知床岬 灯台

            知床岬の最先端

           遠くに見えるのが国後島

            北海道の旅へ