北海道の旅 羅臼漁港羅臼町


羅臼昆布で全国的に知られている羅臼は、
道東、根室振興局管内の目梨郡にある町。
知床半島の南東半を占めており、根室海峡を隔てて国後島と向き合う。 町名の由来は、
アイヌ語の「ラウシ」(低いところ・獣の骨のあるところ)から。 ...


北海道
東端部、知床半島の南東半を占め、根室海峡に面している。町域は南西-北東方向に
64kmと細長い。北に連なる知床連山が海まで迫り海食崖を形成している。
知床連山に源を発した多くの河川が海に流れ込み、河口部を中心に海岸沿いに集落がある。
中心市街は羅臼川河口部、羅臼港の周辺にある。

主要道路は南の標津町から海岸沿いに伸びる国道335号(国後道路)、知床峠(740m)を越え
て斜里町へと抜ける国道334号(知床横断道)の2本。険しい地形が多く、道路には多くのトン
ネルを有する。


         フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より

               北海道の旅へ