北海道の旅  ウトロ斜里町・知床


北海道オホーツク総合振興局斜里郡斜里町にある地名である。漢字表記は
宇登呂
。語源はアイヌ語の「ウトゥルチクシ」であり「その間を 我々が 通る所」
という意味である。

知床観光船などの遊覧船乗り場があり、温泉街(ウトロ温泉)が広がっている。
また、カムイワッカ湯の滝知床五湖へ行くための道道93の入口にもなっ
ている。国道沿いのウトロ港東側の海岸は夕日のビューポイントである。
町はずれにはチャシコツ岬と呼ばれるチャシ跡があるが、2005(平成17年)
にはこのチャシコツ岬下のトビニタイ文化遺跡からを祀った痕跡が発見
され、アイヌ文化成立の経緯を解き明かす為の重要な発見として注目を集め
ている。


@@@@@@@ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


        オロンコ岩の頂上から見たウトロ港

        左がオロンコ岩(観光船から)

            オロンコ岩 (高さ60m)

         オロンコ岩の頂上から

        ゴジラ岩

           ウトロ港

            北海道の旅へ