幼児洗礼

幼児洗礼とは、キリスト教の秘蹟機密聖奠礼典と位置付けられる洗礼のうち、
幼児・小児への洗礼を言う。神学上の議論では、しばしば「子」を意味する
ギリシア
の「pais」からpaedobaptismpedobaptism、と呼ばれる。幼児洗礼は、ラテン語
の信条を意味するcredoクレドの「私は信じる」に由来して「信仰者のバプテスマ」
credobaptism)と呼ばれる、しばしば成人が受ける洗礼と対比される。

以下に幼児洗礼を行う教派と行わない教派の一覧を挙げるが、洗礼の伝統を有する
代表的な教会の一覧であり、そもそも洗礼の伝統が無い
無教会やキリスト教系新宗教
などは含まれて居ない事に注意されたい。

キリスト教は、洗礼の根拠を新約聖書の福音書に求める。イエス・キリストがヨルダン川
で洗礼者ヨハネから洗礼を受けた場面
や、イエスが復活後に使徒たちに「あなたがた
は行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊のみ名によって
洗礼(バプテスマ)を授けなさい。
と使命をあたえたことなどである。ほとんどの教会で
洗礼を
サクラメントと認める。執行者は一般に司祭牧師などの聖職者教役者である。

洗礼によって、原罪およびそれまでに犯したすべての自罪がゆるされるとされている。
そのため、
古代には洗礼後にを犯すことを嫌い(あるいは逆にキリスト教徒としての
清い生活を求められることを避けるため)、死の直前に洗礼を受ける信者が多かった。
これは、当時の
教理では、受洗後に犯した罪が赦される機会が著しく制限(皆無ないし
1回のみ)されていたためである。が、古代末期から
中世にかけて、告解の教理と制度
が整備されると共に、
に保護が与えられることを望み、幼児のうちから洗礼を施す習
慣ができた。

教会または親の信仰に基づき、乳児や児童に授けられる洗礼を幼児洗礼または小児
洗礼
という。

             百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


イギリスではこの幼児洗礼の際にスプーンを使ってお食い初めを行う習慣があり、この
際に使われるスプーンの材質が身分や貧富によって違っていた。そこから良い家柄・
裕福な家の生まれである事を「銀の匙を咥えて生まれてきた」と言うようになり、現在で
はヨーロッパ各地で幼児洗礼の際に銀のスプーンを贈る家庭がある。


                  百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より            

                           写真撮影 名古屋在住 J I 様
               
                 トップペ-ジへ