イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA: イタリア語: Repubblica Italiana
通称イタリアは、
ヨーロッパにおける単一議会制共和国である。
総面積は301,338km2で、イタリアではlo Stivale (
ブーツ) と称される国土の形状に
より大部分は
温帯に属する。人口は6,100万人でヨーロッパ第5位である。イタリアは
非常に高度な
先進国でありユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国である。

ミラノ: Milano

イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州
の州都である。
ヨーロッパ
有数の世界都市イタリア語アクセントの関係でミラーノと記されることもある。
英語ではミラン(: Milan)、フランス語ではミラン(: Milan)、ドイツ語ではマイラント
: Mailand)、スペイン語ではミラン(西: Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム
: Mediolanum)と言う。

ミラノはイタリア全土では首都ローマに次ぎ第2位、北部イタリアにおいては最大の都市で
商業、工業、金融の中心。観光地としても名高い。1982年に1,607,804人いた人口はその
ドーナツ化現象で長く減り続けたが、ここ数年はおよそ130万人前後で落ち着いている
2013年時点の人口は1,324,169人)。
2015の近郊を含む都市圏人口は約526万人で
あり、イタリアで最大、南ヨーロッパでは
スペインマドリードに次ぐ都市圏を形成している。
日本
稚内市とほぼ同緯度に位置するが、最寒月の平均気温がおよそ5程度と、比較的
温暖。

ミラノ・コレクションなどで知られるように古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業
が盛んな土地柄であるが、近年は航空産業や自動車産業、精密機器工業なども発達してお
りイタリア最大級の経済地域を形成している。


日本の民間研究所2016に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界31位と
評価された。また、アメリカの
シンクタンク2016年に発表した世界都市ランキングでは世界
45位と評価された
]

 

ブレラ美術館 Pinacoteca di Brera) は、イタリアミラノにある美術館である。
ブレラ
絵画」と訳すこともある。イタリア絵画の名作が数多く集まっており、特に1518
世紀の
ヴェネツィア派ロンバルディア派が充実。

ブレラ美術館の建物は、17世紀に建てられたイエズス会の施設であった。これを1772
当時
ロンバルディアも兼ねていたマリア・テレジアが入手した。ここに1776美術アカ
デミーが設置され、絵画の収集が始まった。


その後、ナポレオンによって美術館として整備され、1809、彼の誕生日を記念して開館、
一般にも公開されるようになった。
1882には国立美術館として開館した。

ブレラ美術館のあるブレラ宮の建物の一角には、1764年に開設されたブレラ天文台
Osservatorio astronomico di Brera)があり、19世紀末から20世紀初頭の約40年間、
火星
の「運河」を発見したことで有名な
ジョヴァンニ・スキアパレッリが天文台長を務めていた
ことでも知られている。
現在、天体望遠鏡などの歴史的資料を一般公開している。また、天文台横には1774年に
開設されたブレラ植物園
Orto Botanico di Brera)がある。

                     百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 
            

                           写真撮影 名古屋在住 J I 様
 
               
                 トップペ-ジへ