バチカン市国 (バチカンしこく、: Vatican City

ユネスコ世界遺産のひとつ。イタリア・ローマにある世界最小の国家バチカンの国土
全域が世界遺産として登録されている。

この項目では世界遺産としてのバチカン市国を解説する。国家そのものについては
バチカン」を参照のこと。

バチカンはテベレ川の西側に位置し、カトリックの総本山として知られる。前述のとおり、
バチカン全域が世界遺産として登録されている。また、
イタリアの世界遺産物件である
ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂と隣接している。

                     百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 

                           写真撮影 名古屋在住 J I 様

               
                 トップペ-ジへ