湖東三山 百済寺(ひゃくさいじ 滋賀県東近江市
天台宗の寺院。山号を釈迦山と称する。本尊は十一面観音、開基(創立者)は
聖徳太子
とされる。金剛輪寺西明寺とともに「湖東三山」の1つとして知られる。
琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する。寺伝によれば、推古天皇14
606年)
聖徳太子の建立という。聖徳太子は当時来朝していた高麗(高句麗
の僧・
恵慈(えじ)とともにこの地に至った時、山中に不思議な光を見た。
その光の元を訪ねて行くと、それは霊木の杉であった。太子はその杉を、根が
付いた立ち木のまま刻んで
十一面観音の像を作り、像を囲むように堂を建てた。
これが百済寺の始まりであるといい、
百済の龍雲寺にならって寺を建てたので
百済寺と号したという。百済寺の史料上の初見は11世紀の
寛治3年(1089
であり、聖徳太子創建との伝承がどこまで史実を反映したものかは不明であるが、
百済寺という寺号から見て、この寺は渡来系氏族の氏寺として開創された可能性
が高い。
平安時代には、近江国の多くの寺院と同様、比叡山延暦寺の勢力下に
入り、
天台宗の寺院となっている。
喜見望郷庭
この百済寺には喜見院と呼ばれる坊があって池泉廻遊式庭園がある。庭園の
山上からは湖東平野が一望でき、遠くに比叡山を眺望することができる。
鎌倉、室町時代の百済寺の最盛期の頃は、小叡山と称されたらしい。
喜見院庭園の説明板には、喜見望郷庭とある。すなわち渡来人たちが山上から
琵琶湖越しに叡山を遠望し、、さらにその先に滅亡した故郷百済があるのだと、
望郷の念にかられたところであろう。


             錦秋だよりへ