湖東三山 金剛輪寺 (滋賀県愛知郡甲良町)

愛荘町にある天台宗寺院。山号は松峯山(しょうほうざん)。
地名から
松尾寺ともいう。本尊は聖観音、開基(創立者)は行基とされる。
西明寺
百済寺(ひゃくさいじ)とともに湖東三山1つに数えられる。

琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する金剛輪寺は、奈良時代の僧・
行基の開創と伝える。行基は
河内国家原(現・大阪府堺市)の出身で、
出身地の河内を中心に多くの寺を建て、架橋、治水灌漑などの社会事業
にも尽くし、民衆の絶大な支持を得ていたとされる。行基の開創を伝える寺院
は現在の大阪府や奈良県を中心に各地に多いが、当寺もその1つである。
行基がこの地に一寺を建立したのは、文献によって
天平9年(737年)とも言い、
あるいは天平13年(741年)とも伝える。

その後、平安時代前期の嘉承年間(848851年)には天台宗の高僧・慈覚
大師
円仁によって再興されたと伝え、寺では円仁を中興の祖としている。

寺内には平安時代後期から鎌倉時代の仏像が多く残り、現存する本堂は、弘安
11年(1288年)近江守護佐々木頼綱の寄進を得て建てられたもので、この頃の
金剛輪寺はかなりの規模をもっていたと思われる。
天正元年(1573年)織田信長
の兵火で湖東三山の1つである百済寺は全焼し、金剛輪寺も被害を受けるが、
現存の本堂、三重塔は寺僧の尽力で焼失をまぬがれたという。当寺の本堂をはじ
めとする中心堂宇は総門や本坊のある地点から数百メートルの石段を上ったはる
か奥にあるため、見落とされ、焼き討ちをまぬがれたのではないかという説もある。


松峰山金剛輸寺は聖武天皇の祈祷寺とし怒、行基菩薩が天平13(741)に開山
された歴史のあるお寺です。本尊聖観音菩薩は行基菩薩の御作といわれており
ます。以来、天下泰平の祈祷寺として栄え、学問僧が多く集まり、嘉祥年間(850〉に
は延暦寺の慈覚大師が来山。密教修法と西方阿弥陀仏の信仰を初めてご教化に
なり、天台の大寺となりました。寿永二年(1183)には源義経が義仲を追討せんと
して近江に来たり、当山に参籠十数日、武運必勝を祈願し、太刀を奇進しました。

昭和五十三年秋、昭和の復原大修理を終わった三重塔が創建されました。歴史
にのこる文永弘安の役には鎌倉の北条時宗が佐々木頼網に命じて近江国中の
祈祷寺社に元軍降伏の祈願を修せしました。当山長老覚賢は、衆僧をはげまし
大祈祷を巌修しましたところ、元軍は大敗し、時宗は凱歌を挙げ、日本国は始めて
安堵いたしました。近江守護役頼網は弘安十一年(1288)当山本堂大悲閣以下を
再興しで、観音さまの霊験に感謝しました。現在の本堂大悲闇がそれで、実に700
年をこえる歴史をもつ大堂で、鎌倉期和様建造物の代表的なものとして国宝に
指定され、昭和
39年東京オリンピックには日本建造物の代表選手として、文部省
が十分の一の模型を作成、東京国立博物館に展示され、世界の人々の注目を集
めました。

             錦秋だよりへ