湖東三山 西明寺 (滋賀県犬上郡甲良町)
平安時代、仁明天皇の勅願により三修上人が開山したと伝えられています。
平安・鎌倉・室町時代を通じて祈願・修行道場として栄え、織田信長による
兵火も幸い免れ、飛騨の匠によって建立された本堂や三重塔や二天門が
今もなお残されています。
本堂は、鎌倉時代初期に建立されたもので、釘を一本も使わない純和風建築
です。鎌倉の様式が美しく保存されていることが評価され、国宝第一号に指定
されています。

西明寺天台宗仏教寺院山号を龍応山(りゅうおうざん)と称する。
本尊薬師如来開基は三修上人で、金剛輪寺百済寺とともに「湖東三山
1つに数えられる。
西国薬師四十九霊場第三十二番札所。

琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する。寺伝によれば承和元年(834年)
三修上人の創建という。三修上人は、、
修験道の霊山として知られる伊吹山
(滋賀・岐阜の県境にある)の開山上人と伝えられる半ば伝説化した行者である。
伝承には、承和元年のある日、
琵琶湖の西岸にいた三修上人は、湖の対岸の山
に紫の雲のたなびくのを見て不思議に思った。そこで神通力を用いて一気に水面
を飛び越え、対岸に渡ると、今の西明寺のある山の中の池から紫の光がさしていた。
三修上人がその池に祈念すると、
薬師如来の像が出現し、その姿を刻んで祀った
のが寺のはじまりであるという。寺のある場所の地名を「池寺」というのは、この伝説
に基づいている。承和3年(836年)には
仁明天皇の勅願寺となり、寺領が寄進され、
諸堂が建築されたという。
「西明寺」の寺号は前述の紫の光が西の方へさしていた
ことによる。


 平安、鎌倉、室町の各時代を通じては祈願道場、修行道場として栄えていて山内
には十七の諸堂、三百の僧坊があったといわれている。


 源頼朝が来寺して戦勝祈願をされたと伝えられている。
戦国時代に織田信長は比叡山を焼き打ちしてその直後に当寺も焼き打ちをしたが、
幸に国宝第一号指定の本堂、三重塔、二天門が火難を免れ現存しているのである。

江戸時代天海大僧正、公海大僧正の尽力により、、望月越中守友閑が、祈願、修行
道場として復興され現在に至っている。


             錦秋だよりへ