実相院 (じっそういん 京都市左京区岩倉)
宗派は単立(元天台宗寺門派)開基(創建者)は、静基(じょうき)本尊は不動明王
(鎌倉時代作の木像)門跡寺院1つである。岩倉実相院門跡とも呼ばれる

鎌倉時代の寛喜元年(1229)静基僧正により開基された。当初は現在
の京都市
北区紫野にあったが、応仁の乱を逃れるため現在地に移転し
たとされる。

門跡寺院であり、代々の住職は天皇家と繋がりのある人物が務めた。
本堂は
東山天皇の中宮、承秋門院女院御所を移築したものであり、
四脚門・車寄せも
御所より移築されたものである。老朽化が進み主な建物
は多数のつっかい棒が施されてようやく倒壊を免れているのが現状であり、
修理のための資金集めが課題となっている。
幕末には岩倉具視も一時こ
こに住んでおり、当時の密談の記録などが残されている。


庭園は池泉回遊式庭園枯山水の石庭の2つがある。前者の池にはモリ
アオガエル
が生息している。新緑、、紅葉の頃とも見所となっており、特に
部屋の黒い床に木々が反射する光景は「床緑」「床紅葉」と呼ばれ知られ
ている。

シシシシシシシシシシシシシシシシシ参考文 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

シシ

           錦秋だよりへ