真正極楽寺真如堂 (京都市左京区)
天台宗の寺院で通称真如堂と呼ばれる。山号は鈴聲山(れいしょうざん)。
本尊は
阿弥陀如来、開基(創立者)は戒算である。

永観2年(984)比叡山の僧である戒算が比叡山常行堂の本尊阿弥陀如来を
東三条院詮子(一条天皇生母)の離宮に安置したのが始まりである。不断念仏
の道場として念仏行者や庶民、特に女性の信仰を得てきた。しかし
応仁の乱
はじめ度重なる火災により堂塔は焼失した。その後
足利将軍家豊臣秀吉
より京都市内の何カ所かを転々としたのち、
元禄6(1693)現在の場所に
再建された。

本尊の阿弥陀如来は「頷きの阿弥陀」とも呼ばれており、慈覚大師が「修行者を
守護して下され」と祈ると首を横に振り、「衆生、特に女性をお救い下され」と祈る
と頷いた、という伝説がある。


シシシシシシシシシシシシシシシシシ参考文 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

           涅槃の庭
シシ

           錦秋だよりへ