天龍寺 宝厳院京都府京都市右京区嵯峨)
臨済宗
天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山(れいぎざん)。
寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する。
本尊は
釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は
夢窓疎石である。足利将軍家桓武天皇ゆかりの禅寺として壮大
な規模と高い格式を誇り、
京都五山の第一位とされてきた。
古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

天龍寺の地には平安時代初期、嵯峨天皇の皇后橘嘉智子(たちばな
のかちこ、
786850)が開いた檀林寺があった。その後約4世紀
を経て荒廃していた檀林寺の地に
後嵯峨天皇(在位12421246
とその皇子である
亀山天皇(在位12591274)は離宮を営み、
「亀山殿」と称した。「亀山」とは、天龍寺の西方にあり紅葉の名所として
知られた小倉山のことで、山の姿が亀の甲に似ていることから、この名が
ある。天龍寺の山号「霊亀山」もこれにちなむ。


方丈の北側には、宮内庁管理の亀山天皇陵と後嵯峨天皇陵がある。

シシシシシシシシシシシシシシシシシ参考文 『ウィキペディア(Wikipedia)』より


           獅子吼の庭

           錦秋だよりへ