東山動植物園愛知県名古屋市千種区

東山総合公園内にある市営動植物園。1937(昭和12年)に開園した。
1968(昭和43年)に動物園植物園の入場券が共通となる。

日本国内での年間入場者数は上野動物園、北海道の旭山動物園に次ぐ3位。
過去には2位だったこともあった。
名古屋市は
松原武久市長時代に「東山動植物園再生プラン」を策定するが、
河村たかし
市長はこのプランの撤回を表明している。

        動物園にあるメタセコイアの紅葉


植物園の紅葉 1(愛知県名古屋市)

動物園の開園に先立ち、1937年(昭和12年)33日に開園した。

植物園内の大温室の前館は開園当時のもので、現存する温室では日本最古である。
当時は「東洋一の水晶宮」と呼ばれた。
2006(平成18年)12月には重要文化財となる。
また、前館内には開園当時に植えられた
ヤシなど十数種が現存している。

植物園全体は自然林を生かす形で整備されており、未舗装路も含めて縦横に散策路が走る。
梅園、桜の園、椿園、花畑などに加えて、尾張藩の聞人として名高い
横井也有にちなんだ
也有園
など複数の庭園があり、奥池のほとりには
1956(昭和31年)に白川郷から合掌造り
が移築され内部が公開されているほか、日本庭園の傍には1971(昭和43年)に見つかった
東山古窯跡群
窖窯跡が残る。

1996(平成8年)には「東山植物園の野鳥」が日本の音風景100に選ばれた。

また、植物園ではあるが、子供たちが動物と直に触れ合える「小鳥とリスの森」や
「こども動物園」が一角に置かれており、人気遊具としてローラー式
すべり台
「樹快ダー」(全長約200m、高低差約28m)も設置されている


             錦秋だよりへ