彦根城の紅葉  (滋賀県彦根市)
彦根城築城は、将軍徳川家康公の命により佐和山城を一掃するため、慶長9年(1604
より着工されました。当初は湖畔の磯山を予定していたといわれていますが、直継の代
になって現在の彦根山に決定し、20年の歳月をかけて築城されました。
天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築。天守は2年足らずで完成しましたが、
表御殿の造営、城郭改造など、城下町の完成は1622年とされています。 この間、
井伊直孝は大阪冬の陣で兄直継に代わって出陣し、その功績によって家督を継ぎ、
夏の陣では豊臣方の木村長門守重成と戦い大功をあげ、井伊直政(常に先鋒を務め、
徳川四天王のひとり)に劣らぬ武将と賞賛されました。
直孝は、秀忠、家光、家綱の三代にわたって、将軍の執政となり、幕府政治確立にも貢献。
これらの功により3回加増され、譜代大名としては例のない30万石となる。彦根35万石と
いわれるのは、このほかに幕府領5万石の預かりがあり、合わせて35万石となります。

                     参考資料   彦根城 ホームページより
                  撮影 滋賀県 在住  K様
玄宮園

玄宮園は、隣接する楽々園とともに江戸時代には「槻御殿(けやきごてん)」と
呼ばれた彦根藩の下屋敷(しもやしき)です。
槻御殿は、延宝(えんぽう)5(1677)4代藩主井伊直興(いいなおおき)により
造営が始まり、同7年に完成したと伝え、昭和26年には国の名勝に指定されて
います。現在は、槻御殿の庭園部分を玄宮園、建物部分を楽々園と称しています。

                 参考資料   彦根城 ホームページより

             錦秋だよりへ