石山寺滋賀県大津市石山寺)

東寺真言宗。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は良弁(ろうべん)である。
当寺は京都の
清水寺奈良県長谷寺と並ぶ日本でも有数の観音霊場で
あり、
西国三十三箇所観音霊場第13番札所となっている。
また当寺は『
蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、
源氏物語』の作者紫式部は石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする
伝承がある。「
近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。
石山寺は、
琵琶湖の南端近くに位置し、琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川
右岸にある。本堂は国の
天然記念物珪灰石(「石山寺硅灰石」)という巨大
な岩盤の上に建ち、これが寺名の由来ともなっている。
(石山寺珪灰石は
日本の地質百選に選定)。
                   
ハハハハハハハハハハハハハハハハ 参考文 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                撮影 滋賀県 在住 K 様

三井寺 (滋賀県 大津市)

天智天皇近江大津宮遷都して以来の歴史を持つ古都であり、世界文化
遺産
比叡山延暦寺園城寺(三井寺)日吉大社などの神社仏閣をはじめ
史跡が多く点在する。

琵琶湖の重要港湾かつ東海道53番目の宿場だった大津を中心に、膳所藩
城下町だった
膳所、比叡山の門前町坂本、湖上交易の拠点だった堅田など
からなる。

滋賀県の県庁所在地かつ最大都市ではあるが、県の南西端に位置し、また京都市に隣接
し京都の
衛星都市として発展してきたことから、滋賀県の中核都市としての性格は弱い。

司 シシシシシシシシシシシシシシシ 参考文
『ウィキペディア(Wikipedia)』

シシシシシシシシシシシシコココココココ 撮影 滋賀県 在住 K 様

             錦秋だよりへ