伊賀上野城(いがうえのじょう)
三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった平山城である。
白鳳城伊賀上野城とも呼ばれる。

伊賀上野城は、
上野盆地のほぼ中央にある上野台地の北部にある標高184
メートルほどの丘に建てられた平山城である。北には
服部川柘植川、南には
久米川、西側には木津川本流が流れ、城と城下町を取り巻く要害の地にある。

織田信雄(北畠信雄)の家臣である滝川雄利は平楽寺の跡に砦を築いた。その
後天正13年(1585年) に筒井定次によって改修を受け、慶長16年(1611年)
徳川家康の命を負って藤堂高虎が拡張したが、大坂の役によって、当時高虎
が従属する徳川家康に対立していた
豊臣氏が滅んだため築城が中止され、本丸・
二ノ丸などの主要部分は城代屋敷を除いて未完成のまま
江戸時代を過ごした。

昭和42年(1967年)旧城域一帯が国の史跡に指定されている。城を含めた近隣
一帯は上野公園として整備されており
、松尾芭蕉を祀る俳聖殿芭蕉翁記念館
があるほか、
伊賀流忍者博物館があり、伊賀上野観光地として利用され、各種
イベントなどが行われている。
長年日本一といわれてきた藤堂高虎の高さ約30メートルの石垣
三重県立上野
高等学校
敷地内に武庫が現存し、米倉は博物館の一部として上野公園敷地内
に移築現存する。現在、天守台にある33階の
天守昭和初期築の模擬天守で、
正式には伊賀文化産業城という。

 百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

      撮影 松本 憲治様

 天守 天守は三重三階 小天守は二重二階 木造の模擬天守で
 1935年に地元政治家が私財を投じて建てたもの

   上野城の 下町絵図 (天保3年作)

   高虎の建てた五層の天守と復興天守の模型

伊勢上野城は筒井定次(つついさだつぐ)が築城し、三重天守を建てたが
除封され、替わって入城したのが築城の名手藤堂高虎である。
高虎は徳川家康の命令で、大坂城(豊臣秀頼)攻めの拠点として大改修
を進めた。本丸の変更、曲輪の拡大をおこない、高石垣を築いた。
五重の天守も築いたが建造中に倒壊した。
豊臣氏が滅亡すると高虎は津城に移り、城代を置く。戦略的な役目を終え
た城は普請中止となり、未完成のままとった。  
        参考文「日本100名城に行こう」 より


   高虎の時代は天守に登る手前の石段はなかったようです

 本丸を囲っている高石垣(水面からの高さ23m掘り底から30m )

 城代屋敷跡の石垣 筒井氏時代は本丸だった城内では
 最も高い所
藤堂氏が入封すると改修され城代屋敷となる

さすが忍者の里らしく観光客の子供の忍者姿が多く見受けられる

     高石垣と内掘

   
        
キキ       トップペ−ジへ