松坂城跡(まつさかじょうあと)

現在は松阪城と表記される。所在地は三重県松阪市殿町。城跡は松坂城跡
(まつさかじょうあと)として国の
史跡に指定されている。
城の縄張りは梯郭式
平山城である。松阪市の中心地の北部に位置する。
阪内川が城北を流れ天然の堀となっている。
江戸時代初期には松坂藩
藩庁となっていたが、廃藩後は
御三家紀州藩の南伊勢国179千石を
統括するために城代が置かれた。
現在は石垣のみが残っており、城址公園となっている。周囲には松阪市役所、
市民病院、当地出身の
本居宣長記念館などがある。松阪は梶井基次郎の短編
小説「城のある町にて」の舞台であるため、二の丸跡に文学碑が建てられている。

    百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

   撮影 松本 憲治様

松坂城は四五百森(よいほのもり)の丘陵上に、築城巧者の蒲生氏郷(がもううじさと)
にって築かれた。氏郷が会津に移ると、服部一忠、古田重勝が入城。
城は古田重勝の時代に改修されほぼ今日の姿になったと考えられており、織豊
(しょくはう)系城郭として注目されている。
三重の天守があった本丸と二の丸は、折を多用した石垣を積みあげて堀を巡らし、
要所に析形虎口(ますがたこぐち)を配した堅固な構造をもつ。
天守は江戸前期に倒壊してすでにないが、意識的に屈折させ、雛壇のようこ並ぶ
石垣が見どころ。
               
参考文 「日本100名城に行こう」 より


          表門跡

  表門から本丸下段に通じる表二の門 (別名助左衛門御門)

     本丸下段にある月見櫓 多聞跡の石垣

     表門横の自然石を利用した野面積の石垣

     本丸下段にある月見櫓跡

     本丸下段から上段に至る石段

     本丸下段より本丸上段を見る

     本丸上段への石段

    天守閣跡 三層の天守であったが1644年の大風で倒壊
 本丸下段太鼓櫓の石垣      多門跡 下は二の丸

      本丸上段

     城址全景の航空写真

     天守台に使用されていた古墳時代の石棺

旧櫛田川の渡し場にあった常夜灯 江戸鰯問屋が寄贈したもの
当時綿の栽培が盛んであったゆえ鰯が肥料として当時使われた

二の丸から見た御御城番屋敷 中央の生垣に囲まれた建物が
城の警備をする20軒の藩士の居宅(現存)

     御城番屋敷

  本居信長の旧宅 元は城下にあったが城址内に移築
  この二階が物置を改築した書斎“鈴屋”

 書斎“鈴屋”の床も間には“県位大人(賀茂真源)の霊位”の軸

 土蔵 城内隠居丸に建てられていた米蔵を
  明治初期に現在地に移築

    御城番住居


 
キキトップペ−ジへ