諏訪湖(すわこ)間欠泉

長野県岡谷市諏訪市諏訪郡下諏訪町にまたがる河川法では、天竜川
一級河川)水系の一部として扱われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。
1922(大正11年)2月11日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪
リンクで行われた。

新生代第三紀の終わり頃からの中央高地の隆起活動と糸魚川静岡構造線
断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)である。
また糸魚川静岡構造線と
中央構造線が交差する地で、諏訪湖を取り囲むように
諏訪湖南西側を諏訪湖南岸断層群、諏訪湖北東側には諏訪断層群がある

「かつて、諏訪湖からの水は東の
釜無川方面に流れていたが、八ヶ岳からの
噴出物によって堰き止められ、南下するようになった」との説がある。また、時代
と共に流入
河川からの土砂の堆積や、護岸工事などにより面積は徐々に縮小
している。

諏訪盆地の真ん中に位置する諏訪湖は、海抜759m、湖周15.9km、面積13.3
km2
の信州一大きな湖。
湖畔で散歩やジョギングをしたあとは、足湯でのんびり景色を眺めみては・・・
。湖上ではボートや釣りが楽しめる。
四季折々、様々な魅力にあふれています

休日には遊覧船やボートでにぎわう諏訪湖。伸びやかな大空、雄大な山々…
開放感いっぱいの素晴らしい景色に包まれながら諏訪湖遊覧を。子ども達にも
好評です。また、秋から冬にはわかさぎ釣りが楽しめます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

間欠泉

日本最大の50mの高さまで約1時間ごとに噴出する間欠泉がある。

この付近は1945(昭和20)まで湖の中にあったという。水中から温泉が沸いて、
冬に湖全体が凍っても、この辺りの7ヶ所で氷が張らずにいたことから7ッ釜と呼
ばれた。

噴き上がる間欠泉を間近で見ることができる。吹き上げる時刻は930分、11時、
1230分、14時、1530分。

隣接して無料の足湯があるので、気軽に温泉を楽しもう。


            間欠泉の近くの湖畔にある足湯(無料)

 トップペ−ジへ