木曽川(きそがわ) 犬山城付近の桜
長野県から岐阜県愛知県三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川水系の本流で
一級河川、いわゆる木曽三川の一つ。源流部では、「味噌川」(みそがわ)とも呼
ばれる。


中津川市より可児市までの間は恵那峡、深沢峡、蘇水峡といった峡谷を形成
し、
濃尾平野東部に出て美濃加茂市と可児市の境界で飛騨川合流する。
飛騨川合流後の可児市から
愛知県犬山市犬山城付近まで再度渓谷を形
成し、これらを総称して「日本ライン」と呼び中流域が
1985(昭和60年)に
環境庁(現・
環境省)の「名水百選」に選定された。

各務原市愛知県犬山市の境界付近から再度濃尾平野に出、各務原市川島
地区で一旦3つの流れに
分流し(三派川地区)、国道22新木曽川橋付近で
再度合流する。下流域ではかつて
揖斐川長良川と合流・分流を繰り返し輪中
が発達していたが、
江戸時代以降何度となく改修工事が繰り返され、現在では
分離されている。三重県
桑名市長島町と木曽岬町との境で伊勢湾に注ぐ。
延長 229 km は、最上川と並び全国7位の長さ。揖斐川、長良川流域を除く流域
面積は 5,275
km²


             百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ   トップペ-ジへ