小牧山城

織田信長は、15606月12(永禄35月19)の桶狭間の戦いに勝利した
のち、念願の美濃国併呑を実現すべく、早くもその3ヶ月後から美濃攻めを開始
した。15622月18(永禄51月15)には徳川家康清須城においていわ
ゆる清洲同盟を結び、完全に東側の脅威がなくなった。ここにおいて、信長は全力
で美濃を攻める体制をつくるために、本拠地ごと北方へ前進する策を採った。
この新しい本拠地に選ばれたのが、広大な濃尾平野の中に孤峰を保つ小牧山
であった。早速、丹羽長秀を奉行として小牧山山頂に城を築き、永禄67月には
主要兵力をそっくり小牧山城に移した。


信長が築いた小牧山城の構造は、山全体(約21ha)を城域とし、多数の曲輪と重臣
の館から成っていたということがわかっている。また、山麓南側から西側にかけては、
清須から移転させた城下町が形成された。移転後、織田軍は小牧山城を本拠地と
して美濃への侵攻を繰り返し、ついに15679月17(永禄108月15)、美濃
稲葉山城
は落城、信長は稲葉山城を岐阜城と改めて移住した。これにより、小牧山
城は約4年間の役目を終え、廃城となった。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

        小牧山城

      急な段々を山の頂上にある小牧山城に登る

       尾張徳川家19代  徳川義新氏之像

        小牧山稲荷大明神
          
             
             トップペ-ジへ