海王丸(かいおうまる、英語: Kaiwo Maru

海技教育機構が保有する航海練習船日本丸と並ぶ日本を代表する大型帆船
である。

初代海王丸の後継として、1989年(平成元年)に全通船楼甲板船として就航し
たのが海王丸II世である。


先代の海王丸に比べて大型化がなされ、また、日本丸IIで培われた建造技術
をさらに進歩させ、帆走時には抵抗となるプロペラの迎え角を水流に平行とする
ことにより抵抗を減少させる、フェザリング機能を有する可変ピッチプロペラの採用
などにより日本丸II世をしのぐ帆走性能を得た。その年で最速の帆船に贈られる
「ボストン・ティーポットトロフィー」を1990年、
19911994年、19954
受賞(日本丸II世は3回受賞)している。
なかでも1995年には124時間で1394マイルを帆走する記録を打ち立てている。


海王丸II世は国有ではなく、民間の寄付により建造された。

現在は独立行政法人航海訓練所用船契約される形で運航されている。
一般社会人向けの体験航海・遠洋航海コースも実施しているが、
海事教育機関
練習船であるため、実習生の参加人数により一般募集枠が少なくなる場合も
ある。


補足として、日本丸II世との外見の違いは「船首像」「船体のライン数」「救命艇
の形状」「後部フード(舵輪の屋根)の形状」である。


                 百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


ハ                      
キキキキキキキキキキキキキキキキキキ        トップペ-ジへ