名古屋港(なごやこう)

愛知県名古屋市東海市知多市弥富市、海部郡飛島村にまたがる港湾である。
地元では名港(めいこう)の略称でも呼ばれる。日本の主要な国際貿易港(五大港)
のひとつ。
年間の総貨物取扱量(トン)は2002年から2015年まで14年連続で日本一を維持し
ている
2014年の貿易額では、東京港に次いで2。輸出額が輸入額を大幅に上
回っていることが特徴で、2014年の輸出額は日本一

港湾法上の国際拠点港湾港則法上の特定港、また四日市港と共に政令上の指定
港湾(旧
スーパー中枢港湾)に指定されている。
2010年現在、横浜港に次ぐ日本最大級の貿易港である。ただし、神戸港や横浜港、
東京港
などがそれぞれ単独の行政区域内で構成されるのに対し、名古屋港は複数の
自治体に跨る。
愛知県内にトヨタ自動車などの輸出企業を多く擁し、自動関連の輸出が半数以上
を占める
貿易港である。輸出入総額、外貿貨物取扱量ともに日本最高クラス(2009年)、
外貿
コンテナ取扱個数国内第3位(年度不詳)。

                 百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

            名古屋港遊覧船

                名古屋水族館

       岸壁側 (手前の船は「ぱしふぃっくびいなす」)

                 名古屋港口

            荷受け用のサイロが目立つ

            スクラップの山

             上空を旋回しているヘリコプター

                遊覧船のデッキ

ハ                      
キキキキキキキキキキキキキキキキキキ        トップペ-ジへ