名古屋城
名古屋城は、関ヶ原の合戦後江戸幕府を開いた徳川家康が、東海道の要所として、
また、大阪(現大阪)方への備えとして、清須から名古屋へ遷府を決定し、慶長15

(1610)加藤清正・福島正則・前田利常など北陸・西国の諸大名20名に普請(土木工事)
を命じ、天守閣や諸櫓の作業(建築工事)は、慶長17(1612)に、ほぼ完成した代表的
平城です。その後明治維新をむかえるまで名古屋城は、御三家の筆頭尾張徳川家の
居城として栄えました。
2010年は名古屋開府400年になります。


            名古屋城 東鉄門

            正 門

第二次世界大戦中の昭和20(1945)5月、名古屋大空襲の際、大・小天守閣、本丸
御殿をはじめ建物のほとんどが焼失しましたが、幸いにも焼失をまぬがれた三つの櫓
(西北・西南・東南)三つの門(表二之門、旧二之丸、東二之門、二之丸大手二之門)
本丸御殿障壁画の大部分は、重要文化財として現在に伝えられています。

            参考文:名古屋城公式サイトより

        

金 鯱

名古屋城にあってもっとも名高いのは金鯱です。城の大棟に鯱を揚げることは室町時代の
後期、城郭形態の完成した頃から始まったと言われています。当時は火除けのまじないで
あったものが後には城主の権威の象徴として大棟に飾られました。金鯱は尾張名古屋の
シンボルとして昭和の世まで伝承されましたが、惜しくも第二次世界大戦の戦火により天守
閣と運命を共にしました。しかし、昭和34年、天守閣と共に再建され再び市民の前にその
姿を見せるようになりました。


               
               トップペ-ジへ