若草山(わかくさやま)
奈良県奈良市奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33ha
なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。
山頂には古くから知られる
前方後円墳(鶯塚古墳、全長103m)がある。
山頂から見る
奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されて
いる。

山頂にある鶯塚古墳から「鶯山」とも呼ばれる。また、菅笠のような形
の山が三つ重なって見えることから俗に「三笠山」とも呼ばれ
、御蓋山
と混同されてきた。
さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だった」と言われること
があるが、これは俗説である。
江戸時代に
南都八景の一つとして 「三笠山雪」

              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


奈良公園(ならこうえん)
奈良県奈良市にある都市公園。国の名勝が挙げられていたが、これは若草山の芝の上に積もる
雪が真っ白に美しく見えることによる。
太政官布達により明治13年(1880214日開園。大部分が国有地で、奈良県が無償で借用
し管理している。
都市公園としての正式名称は「奈良県立都市公園 奈良公園」といい、総面積は
502
ヘクタール。周辺の
興福寺東大寺春日大社奈良国立博物館、なども含めると総面積は
およそ660ヘクタール(東西約4キロメートル、北約2キロメートル)に及ぶ。通常はこの周辺社寺

を含めたエリアを"奈良公園"と呼ぶ。

              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

               
シシシシシシシシシシシシ シシシシ トップペ-ジへ