大阪 造幣局の桜.1

毎年4月中旬頃の桜の開花時には、造幣局構内旧淀川沿いの全長560mの
通路を一般花見客のために1週間開放しています。
現在構内にある桜は、関山、普賢象、松月、紅手毬、芝山、楊貴妃などを数え
ていますが、大半は遅咲きの八重桜で、満開時の美しさはたとえようもなく、
明治16年に開始した「通り抜け」も昭和58年春には100年を迎え、今では浪速
の春を飾る風物詩として、人々に愛されています。
なお、紅手毬、大手毬、小手毬及び養老桜などは、他では見られない珍種と
言われています。

造幣局の所在地である大阪市北区天満の旧淀川沿いは、昔から景勝の地と
して名高く、春は桜、夏は涼み舟、秋は月見など四季折々のにぎわいを見せ、
特に春の桜は有名で、対岸を桜ノ宮と呼ぶにふさわしく、この地一帯に桜が咲
き乱れていたと言われています。
明治16年(1883年)、時の遠藤謹助局長の「局員だけの花見ではもったいない。
市民とともに楽しもうではないか」との提案により、構内の桜並木の一般開放が
始まりました。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                造幣局南門

                 造幣局博物館


               
シシシシシシシシシシシシ シシシシ トップペ-ジへ