二条城の桜 (京都府京都市中京区)

徳川家康将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜大政奉還が行われ、江戸
幕府
の始まりと終焉の場所でもある。
京都市街の中にある
平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏に
よるものがあるが、現在見られるものは、徳川氏によるものである。。
城全体が国の
史跡に指定されている他、二の丸御殿が国宝に、22棟の建
造物と二の丸御殿にある計954点の障壁画が
重要文化財に、二の丸御殿
庭園が
特別名勝に指定されている。さらに1994(平成6年)にはユネスコ
世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

シシシシシシシシシシシシシシシフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ととととととととととと戸と戸と 撮影  彦由 耕二様夫人

  
平安神宮の桜(京都府京都市左京区)
社格官幣大社勅祭社。現在は神社本庁別表神社

1895(明治28年)3月15日に平安遷都1100年を記念して京都で開催
された
内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復
元が計画された。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位
置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎
に実物の8分の5の規模で復元された。博覧会の後は、建物はそのままに、
平安遷都を行った
天皇であった第50桓武天皇を祀る神社として創祀さ
れた。


シシシシシシシシシシフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

シシシシシシシシシシシシシシシシシシシハハハハコココココ撮影  彦由 耕二様夫人

             さくらだよりへ