津山城の桜岡山県津山市)別名・鶴山城(かくざんじょう)

国の史跡城郭の形式は梯郭式平山城。津山盆地の中央部に位置する。
城の東部を流れる
吉井川支流の宮川及び丘陵の天然の断崖を防御線に
取り入れている。城の南部を流れる吉井川とその支流で西部に位置する
藺田川(いだがわ)を外郭とし、その内側に
城下町の主要部を形成している。

天守は破風を持たない45階の独立型層塔形式で、小倉城の天守を模し
て造られたともいわれている。築城当初、天守は5重であった。
その巨大さゆえに幕府に目をつけられたため、忠政は4重目の瓦を破棄し
「あれは
庇(ひさし)であって4重である」と言い切り難を逃れたと伝えられて
いる。往時は
広島城76棟、姫路城61棟に次ぐ櫓の多さであったが
明治6(1873)の廃城令により天守・櫓などの建物が破却され天守台・
石垣のみとなっている。

現在は鶴山公園(かくざんこうえん)としての名所となっており日本さくら
名所100選
にも選ばれている。2005に備中櫓が復元された。

シシシシシフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                    撮影 松本 憲治様

        さくらだよりへ