岡崎城愛知県岡崎市
徳川家康
の生地である。別名、龍城。戦国時代から安土桃山時代には徳川氏
の持ち城、江戸時代には岡崎藩の藩庁であった。

菅生川と矢作川の合流地点にある龍頭山という丘陵を利用して造られている。
元は、龍頭山の砦として三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼(つぎより、
つぐより、又は、ちかより)そして、その子頼嗣(よりつぐ)が北方に対する防御と
して築城したものである。当時は、龍燈山城(りゅうとうざんじょう)と呼んだ。
それを、松平清康が西郷信貞(松平昌安)から奪い取り改修拡張整備したも
のが岡崎城である。

龍頭山はもともと小高い丘で、山頂に本丸が置かれた平山城として築かれて
いたが、本多康重から3代忠利(1600(慶長5年)1645(正保2年))にわ
たる改修によって平城となっている。この際、本丸に複合連結式望楼型33
階の天守(1617(元和3年))が建てられた。

本丸の北方に持仏堂曲輪、その北方下に二の丸、その北方に北曲輪、二の丸
の東側には三ノ丸と東曲輪、その東に備前曲輪と大手門があった浄瑠璃曲輪、
本丸と二の丸の西方下に坂谷曲輪、その西に白山曲輪と搦手口に当たる稗田
門があった稗田曲輪、本丸の南は、菅生川沿いに菅生曲輪があり、それに、
本丸から北側へ6重、西側へ4重の外堀を廻らせていた。


dddddddddddフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



            
            トップペ-ジへ