千鳥ヶ淵 (皇居の北西側にあるお)

千鳥ヶ淵は
江戸開府後の江戸城拡張の際、局沢川と呼ばれていた川を半蔵門
田安門
の土橋で塞き止めて造られたお堀である。代官町通りを境に接する半蔵濠
とはかつて繋がっていたが、1900(明治33年)に道路建設のため埋め立てられ
別々のお堀となった。半蔵濠には
千鳥ヶ淵公園が隣接している。
千鳥ヶ淵付近は
の名所として有名であり、桜の季節になると多くの人で賑わう。
開花期間中、千鳥ヶ淵沿いの
千鳥ヶ淵緑道では夜になると桜のライトアップが行わ
れる。また、千鳥ヶ淵緑道内にはボート場が設けられていて、お堀でボートを楽しむ
ことができる。
千鳥ヶ淵緑道を挟んだ先には
千鳥ケ淵戦没者墓苑が造られ、第二次世界大戦
折に海外で死亡した身元不明の
日本人の遺骨が安置されている。

xxxxxxxxxフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ササササササササササササササひひひひひひ     ひ    撮影 彦由 耕二様

               さくらだよりへ