砧公園のサトザクラ東京都世田谷区

サトザクラ(里桜)は、オオシマザクラを基にして開発されたと考えられる園芸
品種のの総称。オオシマザクラヤマザクラエドヒガンカスミザクラ
マメザクラ
などを掛け合わせたものとされる。

学名は一応Cerasus lannesiana Carriereとされている。

サトザクラの歴史は、人々がサクラを庭に植え始めた平安時代からと言われる。
このころから品種の育成が行われ、人為的な交配や突然変異、野生のものか
らの選抜育成などが続けられた結果、200種以上のサトザクラが誕生した。
オオシマザクラの影響は大きいと言われる。

サトザクラは往々にして人間の観賞用に改良されてきたため、花びらの数の
多いものや、見栄えのするものを選んで作られている。八重咲き、枝垂れ咲き
の種類も多い。

xxxxxxxx フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
ササササササササササササササひひひひひひ     ひ    撮影 彦由 耕二様

桜も咲いたら散っていきます。日本人の心情は 昔から咲く花も愛でるが 散って
いく桜にも深い共感を寄せて来ましたね。武士道などはその典型です。

もっとも それは昔のことで 今の若い方々はちょっと違うのかも知れませんが・・。
風に舞う桜花びら、地面に散り敷く花弁、水面の花筏、やはり風情がありますね。


        この写真のみ大蔵動物公園

               さくらだよりへ