彦根城(滋賀県彦根市)
江戸時代および
1869(明治2年)の版籍奉還後から1871(明治4年)
廃藩置県まで彦根藩の役所が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝
城跡は国の
特別史跡かつ琵琶湖国定公園1種特別地域である。

近世にあたる江戸時代滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、鎮西を担う
井伊氏の拠点として置かれた平山城である。山は「金亀山」との異名を持つ
ため、城は金亀城(こんきじょう)ともいう。多くの
大老を輩出した譜代大名
ある
井伊氏14代の居城であった。

明治初期の廃城令に伴う破却を免れ国宝の天守、附櫓(つけやぐら)および
多聞櫓
(たもんやぐら)のほか、安土桃山時代から江戸時代のなど5
が現存し、国の
重要文化財に指定されている。中でも馬屋は重要文化財指定
物件として全国的に稀少である。一説では、
大隈重信の上奏により1878
(明治11年)に建物が保存されることとなったのだという。

天守が国宝指定された四城の一つに数えられる。1992(平成4年)に日本
世界遺産暫定リスにも記載されているが、世界遺産登録は厳しい状況に
ある。滋賀県下で唯一、城郭建築が保存された(
歴史・沿革を参照)

城の形式は連郭式平山城。また、現存例の少ない倭城築城の技法である
登り石垣」が良好な形で保存されている。なお、城の北側には玄宮園楽々
という大名庭園が配されており、これらは「玄宮楽々園」として国の名勝
指定されている。

シシシシシシシシシフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

以前にもご紹介したのですが、今回(2012.4.11)桜の満開をと思ってバスツアー
に参加したのですが、桜は未だ咲き始めで、当日は一日中雨でした。


          彦根城天守閣

       玄宮園入口



           玄宮園
               

               トップペ-ジへ