石道寺(しゃくどうじ・滋賀県長浜市
真言宗豊山派
の寺院。山号は己高山。 作家井上靖が、小説「星と祭」の中で
当寺の観音像の姿を村の若い娘に例えたことで知られる。旧木之本町の東方
にある己高山(こだかみやま、923m)の山頂および西麓一帯には、古代から中
世にかけて多くの寺院が建立され、天台系山岳信仰の聖地であった。
石道寺も己高山関連寺院の一つで、もとは現在地よりさらに1kmほど東の山中
にあったが、大正3年(1914)本堂を現在地に改築し、石道観音堂を合併し
新石道寺が誕生した。寺は地区住民により管理されている。

              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
        石道寺

        空観寺

     観光バスの駐車場から参道に向けて

  参道のを脇にある水路で里いもを綺麗にする器具

    柿の産地で農家では干し柿が

ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ   トップペ-ジへ