伊豆急行が保有する電車。「リゾート21」

29回(1986年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。

1985(昭和60年)7月20に営業運転を開始した。先頭車に展望席を設置し、
海側の景色を視認しやすくする目的で座席配列が独特になっているなど、普通
列車
用ではあるが観光客の利用を見込んだ豪華な設備が売りとなっている。
当初計画では
100の機器流用車である1000系第3編成を東急車輛製造
発注していたが、方針を転換し、社内全体での検討によりこのような車両が開発
された。

車両の海側と山側でデザインが異なり、側窓は海側は展望を考慮した大型の連
続窓、山側は当時日本の鉄道車両ではほとんど採用例のなかったベクワラットタ
イプ(中折れひんじ式)となった。塗色も当初メーカーから提案されていた帯を巻
くカラーリングは廃案となり、左右非対称のデザインを強調した前面で海側の赤
帯と山側の青帯が斜めに入る塗装となっている。



伊豆高原(いずこうげん)
静岡県伊東市八幡野地区を中心として伊豆急行(現:伊豆急コミュニティー)が開発
した別荘地である。都心からのアクセスが比較的容易であるうえ、海・山の自然が近く、
それらを売りにする形で土地が分譲された。その後、観光施設や宿泊施設が増え、
地域の発展と共に伊豆高原の言葉が定着して使用範囲が広がり、観光地域の名称
として使われるようになった。
大室山
伊豆東部火山群に属する大室山は、約4000年前の噴火で形成された火山で、伊東
市および伊豆高原のシンボル的存在である。
山頂には周囲約1kmの火口があり、麓からリフトが運行され手軽に散策できる。
眼下に伊豆高原一帯を見渡せるほか、遠くに伊豆半島東岸をはじめ、伊豆大島や
富士山も望むことができる。毎年2月には山焼きが行われる。


               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


伊豆四季の花公園

花が咲き、海がきらめく城ヶ崎の彩り空間。

伊豆四季の花公園は1963年に、東京農業大学教授 近藤典生博士と植物
研究家 飯田久先生の共同栽培試験場所をかね開園しました。そのため多
くの外国産植物が屋外栽培されています。

201011月には、「伊豆海洋公園」から「伊豆四季の花公園」に改称し、
城ヶ崎海岸を背景に四季折々の花々が「癒し」を与えてくれます。
城ケ崎海岸の中央にある花と海の色彩豊かな景色を堪能できる自然公園。
海や四季折々の草花に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごせる。城ケ崎
桜と菜の花まつりは1月中旬~2月上旬まで開催しており、5月下旬~6
230種類以上3000株の城ケ崎あじさいまつりも開催される。
12月下旬~3月上旬までは、菜の花が咲き乱れ、青い海と黄色い絨毯の
コントラストがとても綺麗。


ハddddddddddddddddddd
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ